念ずれば花開く!社会人の為の資格取得学校

>

趣味で終わらせないで資格を持つ

調理師は調理する事だけではない

料理大好き!お菓子作り大好き!という方、少なくないはず。
将来、何等かの形でこれを仕事にしたいと思った時、有利で便利なのが調理師免許です。
実際店舗を持つとき、調理師免許は必須ではなく「食品衛生責任者」という、講習を受けて得られるものがあれば法令には触りません。
しかし、調理師免許保持者は食品衛生管理者の講習は受講しなくても開業可能です。
つまり、この調理師免許の勉強には、公衆衛生法や食品衛生法など、食を安全に提供することも含まれているのです。
食品や食文化等の勉強は勿論ですが、他の方へおいしく且つ安全な食べ物の提供は、安心ももたらしますし、食品業界で働くならば転職等にも有利です。

調理の実務経験2年での受験資格取得もありますが、厚生労働大臣の定める調理学校を卒業し、申請すると自動的に資格がもらえるので、夜間コースの学校を選択するもも良い方法だと思います。

香りの世界も資格がある

アロマテラピーが注目されてから、久しくなりました。
この業界もリフレッシュやマッサージだけに留まらず、最近は医療関係等にも幅広く研究が進んでいるようです。
この業界の資格については、各協会が定めているものが多く、認定資格です。
国際的なものから国内での認定資格まで広くあり、試験等の難易度も様々なようです。

これからこの業界と繋がっていくのではないかと思われるものは、医療や福祉、フィットネスなどの健康関連の業界とも連動していくのではないでしょうか。
エッセンシャルオイルの効能と、嗅覚という直接的に脳に刺激を与えられるものが、心身にどのような影響を与え、既存の医療や各セラピーと連動していくのか?
まだ未知数ではありますが、各資格取得をすることで基本的なアロマの効能や使用方法を学ぶことができると思います。


この記事をシェアする