念ずれば花開く!社会人の為の資格取得学校

>

多様なライフスタイルから、多様な学び方が選べる現代

世話好き、人好きは介護福祉士

何かと世間を騒がす介護福祉業界ですが、超高齢化社会では必須の職業です。
給与が低い、キツイと言われていますが、この職より低い給与の華々しい仕事も多々あります。
地味ではありますが、確実に就職できます。

その中でも、介護福祉士は国家資格であり、最近この資格取得に関してはカリキュラムが大幅変更になりました。
介護に関する実務経験3年以上に加えて、「実務者研修」と呼ばれる介護・福祉に関する広い知識・技術等の450時間にわたる研修の修了が義務付けられています。
この450時間の研修を、通信制とスクーリングの併用によって学習することができます。
これは、訪問介護のサービス提供責任者にも必要なものですし、この資格保持者は大体資格手当が支給になります。
実務経験を有する資格ではありますが、無資格者でも介護員として就職先がたくさんある為、働きながら学ぶには適しているものだと思います。

リハビリ専門の資格取得

医師・看護師は今からちょっとだが、病院で資格を持って働きたいと思っている方も多いはず。
社会人入学で、夜間通学等も多いものが、各種リハビリの資格ではないでしょうか。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等がそれに当たります。
これらの資格も国家資格ですので、学校卒業して自動的に取得できる資格ではなく、国家試験を合格しなければなりませんが、先ずは国家試験の受験要件を満たすための勉強をしなくてはいけません。

多くは医療福祉系専門学校に各リハビリ専攻の科目がありますが、夜間コースを設置している学校も多数あります。
体験談を聞くと、働きながら夜間コースでの勉強は非常に厳しい状況のようですが、高い志があれば最後まで履修できるはず。
この関係の学校は授業料等も安価ではない為、各学校の資料等熟読することをお勧めします。


この記事をシェアする